南野は世界が認める“イケメン” ハンサム率で決める順位表がちょっと面白い

リヴァプールに加わった南野 photo/Getty Images

プレミアで最もイケメンが多いクラブは?

プレミアリーグの順位表を実力ではなく、「イケメン度」で選んだらどうなるだろうか。そんな少し変わったイケメン順位表を作成したのは、英『Planet Football』だ。

チーム全体のイケメン度によって順位表を組んでいるのだが、興味深いのはサウサンプトンとリヴァプールだ。ここにはそれぞれ日本人選手が所属している。

サウサンプトンではFWチャーリー・オースティンがイケメンと評価されていたのだが、昨夏にWBAに移籍してしまった。それもあってか、今回のランキングでは15位と評価が低い。しかし、同メディアは日本代表DF吉田麻也をイケメンとプッシュしている。190cm近い高身長であることを考えても、吉田は大人の余裕を感じさせるイケメンか。

9位に入ったリヴァプールからは、日本代表FW南野拓実の名前が挙げられている。昨夏にウェストハムから獲得したGKアドリアンと合わせ、リヴァプールは容姿端麗な選手をチームに加えていると評価されている。南野は日本でも人気があり、今風なイケメンと言える。

トップ5は5位にセルヒオ・アグエロ、リヤド・マフレズらがイケメンと評価されるマンチェスター・シティ、4位はヘンリー・ランスベリーやマフムード・ハッサンら男らしいイケメンが揃うアストン・ヴィラ。

エヴァートンのデイビスも人気(右) photo/Getty Images

3位はGKルイ・パトリシオのイケメンぶりが際立つウォルバーハンプトン、2位はヤン・ヴェルトンゲン、キュートな容姿と評されるFWエリック・ラメラを擁するトッテナム、そして1位にはアンドレ・ゴメスやトム・デイビス、モルガン・シュナイデルら中盤にイケメンが揃うエヴァートンが選ばれている。

サッカー界のトッププレイヤーはオシャレにも気を遣っており、自己プロデュースに長けた選手も多い。エヴァートンは実際の順位表こそ振るわないが、女性サッカーファンは1度注目しても面白いかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ