スポーツ界のクラブ平均給与ランキング トップ3をサッカー界が独占

英『sporting intelligence』が、2019年のスポーツ界の給与状況を調査。クラブの平均給与をランキング形式で発表しており、トップ3をサッカー界のクラブが独占した。

スポーツ界で今年、最も平均給与が高かったクラブは、昨年に続きバルセロナだ。史上最多となる6度目のバロンドールを受賞し、世界No.1プレイヤーのひとりと称されるリオネル・メッシを筆頭に、ルイス・スアレスやアントワーヌ・グリーズマン、セルヒオ・ブスケツ、ジェラール・ピケといった豪華メンバーを揃えている。そのため、平均給与は「12,284,555ドル(約13億4000万円)」となっている。

そして2位も昨年から変わらず、スーパースター軍団のレアル・マドリードが名を連ねており、平均給与は「11,154,692ドル(約12億2000万円)」となった。そんな中、急上昇させたのがイタリアの絶対王者ユヴェントスだ。メッシとともに長年サッカー界を牽引してきたクリスティアーノ・ロナウドを昨夏に獲得したこともあり、9位から3位までアップ。平均給与は1000万ドルを超え、「10,106,647ドル(約11億1000万円)」となっている。

4位から11位まではバスケットボール界の頂点であるNBAのクラブが占めており、フランス王者のパリ・サンジェルマンが12位にランクイン(8,934,220ドル)。サッカー界ではそのほかに、マンチェスター・シティが13位(8,734,375ドル)、バイエルン・ミュンヘンが22位(8,119,896ドル)、マンチェスター・ユナイテッドが33位(7,657,000ドル)と上位に入っている。

上位に名を連ねたサッカー界のクラブの平均給与は以下の通り

1位 バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ)
昨年順位:1位
平均給与:12,284,555ドル

2位 レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ)
昨年の順位:2位
平均給与:11,154,692ドル

3位 ユヴェントス(セリエA)
昨年順位:9位
平均給与:10,106,647ドル

12位 パリ・サンジェルマン(リーグ・アン)
昨年順位:18位
平均給与:8,934,220ドル

13位 マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)
昨年順位:20位
平均給与:8,734,375ドル

22位 バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ )
昨年順位:15位
平均給与:8,119,896ドル

33位 マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ)
昨年順位:10位 
平均給与:7,657,000ドル

39位 アトレティコ・マドリード(リーガ・エスパニョーラ)
昨年順位:17位
平均給与:7,039,205ドル

41位 リヴァプール(プレミアリーグ)
昨年順位:38位
平均給与:6,922,000ドル

44位 アーセナル(プレミアリーグ)
昨年順位:39位
平均給与:5,987,800ドル

45位 チェルシー(プレミアリーグ)
昨年順位:35位
平均給与:5,967,500ドル

57位 エヴァートン(プレミアリーグ) 
昨年順位:69位
平均給与:5,127,200ドル

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ