“南野カラー”に染まった12月 大ブレイクのアタッカーがクラブ月間MVPに

ザルツブルクの南野 photo/Getty Images

CLでも国内リーグでも大活躍

今季何かと話題を集めるザルツブルクには優れた若手タレントが数多く所属しているが、12月の主役はFW南野拓実で間違いないだろう。

14日のハルトベルク戦は欠場したが、12月はリーグ戦でアドミラ相手に1アシスト、WSGスワロフスキー・チロル戦で1得点の活躍を披露。チャンピオンズリーグではリヴァプール相手に再びの好パフォーマンスを披露し、今ではリヴァプールサポーターのハートも掴んで移籍案が連日のように話題となっている。

サポーターも南野の働きを認めているようで、クラブ公式の月間MVP投票では12月のMVPに選出されている。南野は3位DFラスムス・ニッセン(7%)、2位MFズラトコ・ユヌゾビッチ(37%)を抑えて52%の票を獲得しており、12月の働きに文句はつけられない。

攻撃陣では19歳のアーリング・ブラウト・ハーランド、韓国代表のファン・ヒチャン、ハンガリー期待の19歳MFドミニク・ショボスライなどビッグクラブが関心を寄せる選手も多いが、今ではすっかり南野が注目度No.1といった存在になりつつある。

このインパクトを今度は欧州五大リーグで残してほしいところで、南野のNEXTステージへの挑戦が待たれる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ