ドログバ、カカー、ネスタ 最強の“アンチェロッティ軍団”が豪華すぎる

チェルシー時代のドログバとアンチェロッティ photo/Getty Images

ワールドベストイレブンのような顔ぶれ

ナポリでは思ったような結果を残せなかったが、名将カルロ・アンチェロッティの監督キャリアは実に豪華なものだ。これまで指導した選手たちもトッププレイヤーばかりで、個性の強いスタープレイヤーたちを巧みにまとめ上げてきた。

今回英『GIVE ME SPORT』は、「アンチェロッティが指導した選手で組むベストイレブン」を作成しているが、顔ぶれは恐ろしいほどに豪華だ。ワールドベストイレブンと言ってもいいレベルだろう。

GKペトル・チェフ(チェルシー)

ミランではジーダ、バイエルンではマヌエル・ノイアーなどワールドクラスのGKと仕事をしてきたアンチェロッティだが、選ばれたのはチェフだ。同メディアも信じられないほど困難なチョイスと伝えているが、これは人によって意見が分かれるところか。

DF
カフー(ミラン)
アレッサンドロ・ネスタ(ミラン)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
パオロ・マルディーニ(ミラン)

さすがに最終ラインはミラン組が豪華だ。世界最高クラスの右サイドバックだったカフー、アンチェロッティ政権で235試合に出場したネスタ、ミランの絶対的なレジェンドであるマルディーニと、これほど豪華な面子が揃う最終ラインも珍しい。

ラモスは2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で劇的な同点ゴールを叩き込み、アンチェロッティにチャンピオンズリーグのタイトルをプレゼントした選手でもある。ここは外せないだろう。

MF
アンドレア・ピルロ(ミラン)
カカー(ミラン)
ジネディーヌ・ジダン(ユヴェントス)

中盤もミラン組が強い。中盤の底からゲームをコントロールした名司令塔のピルロ、アンチェロッティの下で絶対的なエースとして君臨し、2007年にはバロンドールまで獲得したカカーが入っている。

短期間ではあったものの、ユヴェントスからはジダンが選ばれている。ユヴェントスでは目立った結果を残せなかったが、ジダンは外せないとの判断だったようだ。

FW
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
アンドリー・シェフチェンコ(ミラン)
ディディエ・ドログバ(チェルシー)

レアル時代のロナウドを外すことは不可能で、ラモスと並んでチャンピオンズリーグ制覇の立役者だ。

シェフチェンコは2004年にバロンドールを獲得しており、カカーと同じくアンチェロッティ政権を支えた名ストライカーだ。アンチェロッティはミランでもチャンピオンズリーグを2度制しており、やはりミラン時代は特別だ。

最後はチェルシーからドログバだ。アンチェロッティはチェルシーでプレミアリーグ、FA杯、コミュニティ・シールドを制したが、当時のチェルシーはドログバやフランク・ランパードを中心に超攻撃的なチームだった。

2009-10シーズンにはドログバも全44試合で37ゴールと大爆発しており、アンチェロッティ時代が1つの全盛期だったと言ってもいいだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ