怪物DFヤープ・スタムより上か オランダはずっとファン・ダイクを待っていた

リヴァプールのファン・ダイク photo/Getty Images

世界トップクラスのセンターバック

190cmを超えるサイズを誇りながらスピードもあり、オランダサッカー史に残る名センターバックと言われたのがヤープ・スタムだ。

マンチェスター・ユナイテッドでは3冠達成も経験し、ラツィオ、ミランでも活躍。相手FWを恐怖させるほどのセンターバックで、全盛期は世界トップレベルのセンターバックと考えられていた。

もちろんオランダ代表でもプレイしたのだが、オランダサッカー界は第2のスタム育成に苦戦したところがある。攻撃陣はいつの時代も豪華だが、スタムほど高い評価を得るセンターバックがなかなか出てこなかった。しかし、ついにフィルジル・ファン・ダイクという存在が現れた。

英『Daily Mail』によると、スタムはファン・ダイクが自身より優れているのではないかとまで考えている。オランダサッカー界にとっては待望のワールドクラスDFなのだ。

「オランダでは常に全員が議論していた。新たなヤープが必要だと。そしてついにフィルジルが出てきた。彼はアヤックスやPSVで成長した選手ではない。彼は小さなクラブからキャリアを築き、スコットランド、そしてイングランドへ向かった。分からないが、恐らく彼の方が優れていると思うよ」

ファン・ダイクはバロンドール有力候補にまで挙げられるようになり、現代トップレベルのセンターバックなのは間違いない。高さ、読み、1対1の強さ、キック精度、スピードと、目立った弱点もない。全盛期のスタムをも超えるほどのインパクトがあると言っていいはずで、ファン・ダイクのようなセンターバックをオランダサッカー界は待ち続けていたのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ