C大阪、ロティーナ・スタイルはまだまだこれから 指揮官が見せた来季の自信

C大阪就任1年目のシーズンを5位で終えたロティーナ監督 photo/Getty Images

今季5位でC大阪と来季の契約更新

セレッソ大阪は8日、今季チームの指揮官を務めていたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督との契約を2020年シーズンまで更新することで合意に至ったと発表した。

ロティーナ監督は母国スペインの名門クラブであるエスパニョールやデポルティボなどの指揮官を務めたのち、2017年シーズンに来日。東京ヴェルディでの2年間の指導を経て、今季からC大阪の指揮官に就任した。1年目ということもあってか、スタートこをつまずいたが、ロティーナ・スタイルが徐々に浸透していき、5月ごろからチームが軌道に乗る。最優的にはリーグ最少失点(25失点)で5位フィニッシュへ導いていた。

契約更新にあたって、ロティーナ監督はクラブの公式サイトを通じて「我々がこの大阪の街や人々に受け入れられて、快適に働けていることに対して、まず最初に出てくるのは感謝の気持ちです。偉大なファミリーであるC大阪を構成する経営陣、クラブスタッフ、そして我々の素晴らしいサポーターと『仕事への愛、クラブへの忠誠、大いなる献身』といった同じ価値観を共有できることに感謝しています」と述べた。

そして「1つ1つのトレーニング、1試合1試合で前向きなメッセージを表現した選手に感謝しています。いかなる時も諦めない、素晴らしい姿勢・忠義を持ってプロサッカー選手人生を過ごす、ということが伝わるものでした。我々の望みは、監督、指導者として成長し続けることです。この仕事に終わりはありません。常に、常に向上できるし、しなければなりません。最大限の努力をしてくれた選手たちのおかげで、良いシーズンになったと思います」と話している。

さらに「その姿勢を見て、来季のパフォーマンスをより改善できると感じたことは、我々がクラブと契約を更新する際の一つの理由になりました」と来季のさらなる飛躍へ自信を見せつつ「この選手たちの指揮を続けられること、そしてセレッソ大阪に引き続き所属できることは光栄なことです。この1年間表現し続けてくれたサポーターの愛情をまた感じられることも名誉なことです。その愛情が更新を決意したもう一つの理由です」と明かした。

C大阪のロティーナ・スタイルの完成はまだまだこれから。ロティーナ監督にとって来季は、勝負の2年目となりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ