C・ロナウドの“スタメン落ち”もあるのか サッリを悩ますFW3枚の起用法

ユヴェントスのロナウド photo/Getty Images

ロナウドの立場も安泰ではないか

マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードでも常に絶対的な存在だったFWクリスティアーノ・ロナウドがポジションを失うシナリオはあり得るのだろうか。

今季がスタートして以降、ユヴェントスでのロナウドと指揮官マウリツィオ・サッリの関係を疑問視する声は増えている。それがロナウドのスタメン落ちに繋がるかは分からないが、英『The Sun』はその可能性もあると見ている。

サッリ体制になってから調子を上げているFWパウロ・ディバラ、さらにサッリお気に入りのFWゴンサロ・イグアイン、そしてロナウドの3人を同時起用するのは簡単ではない。

「現時点で選手の個性的に3人のFWを起用するのは難しい。ディバラの下がってくる動きを妨げることはできないし、クリスティアーノは中央ばかりでプレイする個性の選手ではない。我々はペナルティエリアを埋めるための措置を取らなければならない」

同メディアはサッリがこのようにコメントしていることを伝えており、ロナウドの立場が危ういのではないかと見ている。ここ最近はディバラも好調を維持しており、サッリの言うようにペナルティエリアでの動きを重視するならばイグアインを最前線で固定することになるだろう。

ディバラとイグアインがサッリのお気に入りとなり、ロナウドが漏れる可能性もあると同メディアは考えているのだ。ロナウドがスタメン落ちなど予想できないシナリオだったが、サッリは今後チームをどう動かしてくるのか。

当然サッリは指揮官であり、誰を先発させるかのチョイスも自由だ。しかしロナウドが不満を溜め始めると、厄介なことになるかもしれない。今後の前線起用法に注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ