粘りとC・ロナウドで再びの頂点へ 作り上げる“負けにくい”ポルトガル

EUROの前回王者ポルトガル photo/Getty Images

目指すはEURO連覇

苦しみながらも、最後は結果を掴む。フェルナンド・サントス率いるポルトガル代表のイメージはそんなところだろうか。EURO2016では激戦を制して優勝を果たしたが、あの時も圧倒的な強さを披露したわけではない。粘り強い戦いの連続で頂点まで登り詰めたのだ。

それは今も変わっていないのだろう。EURO2020予選でも序盤にやや躓いたが、17日にルクセンブルクを2-0で撃破して本大会出場を確定させた。失点を少なく粘り強い戦いを続ければ、どこかでエースのクリスティアーノ・ロナウドが得点をもぎ取ってくれる可能性もある。ポルトガルは想像以上に厄介な相手だ。

スペイン『as』がポルトガル代表監督サントスのコメントを伝えているが、同指揮官もポルトガルを撃破するのは簡単ではないと自信を見せる。優勝候補筆頭ではないが、EURO2020でも優勝を狙う力があるとの考えだ。

「我々はEUROの優勝候補だ。しかし、筆頭にはならない。それでもポルトガルを撃破するのは楽じゃないよ。立場はいつだって同じだ。我々がEURO2016で優勝候補と発言した時、クレイジーと言われたものだ」

ポルトガルは前回王者、しかもネーションズリーグ初代王者としてEURO2020に参戦することになるが、実際彼らを優勝候補に推す声は多くない。ロシアワールドカップ王者のフランス、ネーションズリーグ準優勝のところまで持ち直したオランダ、圧倒的な破壊力を見せるロシアワールドカップ3位・ベルギーといったところが優勝候補に挙げられる。

それでもポルトガルは油断ならない相手だ。実力ある若手も出てきており、ロナウドも君臨している。今大会も接戦を制す渋いパフォーマンスでEURO連覇を狙う。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ