バラック2世、16歳の神童MFも 移籍市場を騒がす“未来の”主役候補10人

レヴァークーゼンのハフェルツ photo/Getty Images

この10名が今後のサッカー界の主役となるか

今季の欧州サッカー界では、序盤から若手選手の躍動が目立つ。次の移籍市場ではビッグクラブによる若手選手の争奪戦が勃発する可能性が高く、若手が市場で主役となっていくのだろう。

そこでスペイン『MARCA』は、次の市場で注目すべき若手を10名リストアップしている。いずれも欧州五大リーグで印象的なパフォーマンスを披露する猛者ばかりだ。

1.ファビアン・ルイス(ナポリ/MF/23歳)



今夏のU-21欧州選手権でスペイン代表の優勝に大きく貢献し、自身は大会MVPに選ばれた。189cmと上背があることも1つの魅力となっており、すでにスペインのA代表でもプレイしている実力者だ。現在はバルセロナとレアル・マドリードが関心を抱いていると言われており、市場価値は6000万ユーロと伝えられている。

2.アーリング・ブラウト・ハーランド(ザルツブルク/FW/19歳)



今年のNo.1ブレイク選手と言っていいかもしれない。ザルツブルクではチャンピオンズリーグのリヴァプール戦でも得点を記録し、今夏のU-20ワールドカップではホンジュラス代表戦で9ゴールを奪う大活躍を披露。1つ1つのエピソードが何かとビッグで記憶に残りやすく、一気にNEXTスター候補に名乗りを上げてきた印象だ。

3.エドゥアルド・カマビンガ(レンヌ/MF/16歳)



近年多くのヤングスターを生み出してきたフランスサッカー界において、次なるスーパースター候補と言われているのがセントラルMFのカマビンガだ。レンヌではすでに主力となっており、16歳とは思えぬ落ち着きを披露すると評判だ。年齢的にまだ完成していない選手だが、今のうちに金の卵を確保しておきたいと考えるクラブは多いはず。ビッグクラブ行きの時は近い。

4.ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ/FW/22歳)



スペイン代表にも選ばれているオヤルサバルは、先に紹介したファビアンとともに今夏のU-21欧州選手権制覇にも貢献。スペイン代表ではストライカーが不足気味となっているため、オヤルサバルには期待がかかる。今夏もマンチェスター・シティが興味を示しており、同メディアはオヤルサバルの契約解除金7500万ユーロを支払う準備を整えていたと伝えている。

5.カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン/MF/22歳)



ブンデスリーガも若手タレントの宝庫だが、注目度でハフェルツを上回る若手はそう多くないだろう。メスト・エジル2世、ミヒャエル・バラック2世など様々な呼び名とともに称賛されている逸材で、得点力も伸びている。次の市場で主役候補となるのは確実で、同メディアも9000万ユーロ近くのお金が動くと予想している。

6.ダニ・オルモ(ディナモ・ザグレブ/MF/21歳)



バルセロナのカンテラ出身選手でもあるダニ・オルモは、クロアチアの名門ディナモ・ザグレブで2014年より技を磨いてきた。2017-18シーズンからは主力となり、それは今季も変わらない。スペインの世代別代表にも選ばれ続けており、5年の時を経て古巣のバルセロナやレアル・マドリード、セリエAからもラブコールが届いているという。

7.ジェイムズ・マディソン(レスター・シティ/MF/22歳)



プレミアリーグで最もエキサイティングな才能の1人と紹介されたマディソンは、今季飛躍的に評価を伸ばしている。中盤で相手のプレスをいなす正確な技術に加え、セットプレイを任される高精度なキックが大きな武器だ。イングランド代表にも招集されており、プレミアリーグのビッグクラブも関心を寄せている。

8.ニコロ・ザニオーロ(ローマ/MF/20歳)



昨季も大きな注目を集めたザニオーロは、イタリアサッカー界の未来を背負う1人として期待されている。昨季はチャンピオンズリーグの舞台でも輝きを放ち、190cmのサイズと柔らかい足下の技術は非常に魅力的だ。国内のライバルながらユヴェントスも関心を示しており、数年後に世界を代表するスーパースターとなるポテンシャルを備えている。

9.ドニエル・マレン(PSV/FW/20歳)



日本代表MF堂安律のチームメイトになったこともあり、マレンの名前を聞く機会は増えた。堂安も決定力を称えていたが、マレンは間違いなく今季のエールディヴィジ得点王候補だ。こんなタレントを世界が見逃すはずはなく、世界中のビッグクラブが目を向けている。争奪戦は避けられない。

10.フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ/FW/21歳)



ザニオーロとともにイタリアサッカー界の今後を背負うと期待されるキエーザは、今夏も非常に人気が高かった。最終的にフィオレンティーナ残留を決断したが、ユヴェントス、マンチェスターの両クラブ、バイエルンなどビッグクラブからの関心は今も続いている。市場価値は6000万ユーロと評価されているようで、キエーザも今後の市場を騒がせるタレントとなるだろう。

近年は移籍金が高騰しているため、彼ら若手の獲得にも驚くほどの金額が動くだろう。今後の欧州サッカー界の主役となる可能性を持つタレントばかりで、この10人の名前を記憶しておいて損はない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ