ヴェンゲルのベストな行き先はパリor日本 アーセナルOBも考えた日本復帰案

元アーセナル指揮官のヴェンゲル photo/Getty Images

日本での時間は特別な記憶

アーセン・ヴェンゲル氏はアーセナルを離れてからフリーの状態が続いているが、仮に指揮官へ復帰するならばどのチームが理想的なのか。なかなか結果が出ないミラン指揮官マルコ・ジャンパオロの後任候補に挙げる声もあるようだが、アーセナルOBレイ・パーラー氏の意見は違う。

英『METRO』によると、パーラー氏はひとまずプレミアリーグ復帰の可能性を捨てている。アーセナルで長期政権を築いたヴェンゲル氏がプレミアリーグの別のクラブを指揮する姿は想像できないようだ。例えばマンチェスター・ユナイテッドも苦戦を強いられているが、ヴェンゲル氏がマンUを指揮する姿も想像できないのだろう。

では、パーラー氏はどのクラブをプッシュするのか。ベストな行き先に挙げたのはパリ・サンジェルマンだ。チャンピオンズリーグ制覇を目標に掲げるパリでの挑戦も興味深いものとなるはずで、ヴェンゲル氏はアーセナル時代からフランス人選手を数多く起用してきた。フランスも面白いかもしれない。

そしてもう1つ、同氏が挙げたのは日本復帰案だ。ヴェンゲル氏は名古屋グランパスを指揮した経験を持っており、日本との繋がりは深い。指揮官でなくとも、ヴェンゲル氏が何らかの形で日本サッカーの発展に関わってくれるのであれば、日本のサッカーファンも歓迎するだろう。

「もしアーセンがプレミアに戻ったらビックリするよ。私は常に彼が日本へ戻ることになるかもしれないと考えていた。日本のリーグは常に進歩しているし、アーセナルに向かう前に彼は非常に良い時間を過ごしたからね。ただ、私にとってアーセンのベストな行き先はパリ・サンジェルマンだよ。完璧に合うだろう。プレミアのどのクラブに行くんだい?ユナイテッドに行くことはないよ。ランパードもチェルシーで良い仕事をしている。グアルディオラとクロップも動かないだろう。PSGか、日本復帰だよ」

ヴェンゲル氏はアーセナルで何かと批判されることもあったが、激戦のプレミアで常に上位争いへチームを導いてきた。その実績と経験は確かで、パリ挑戦と日本復帰のどちらも面白いプロジェクトになるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ