食野亮太郎はまるで“稲妻” チームメイトが惚れ込む日本人FWのスキルとは

ハーツで躍動する食野 photo/Getty Images

「屈強で確かなクオリティを備えている」

今夏G大阪からマンチェスター・シティへ完全移籍したのち、スコティッシュ・プレミアリーグのハーツへレンタル移籍している食野亮太郎。開幕から4試合に出場して1ゴール1アシストを記録している彼は随所で輝きを見せている。チームは現在リーグ最下位に沈んでいるものの、個人レベルではスコットランドでも通用していると言っていいだろう。G大阪時代にも見られた積極的にゴールを目指す姿勢は健在だ。

その実力はチームメイトも認めているようで、ハーツのFWスティーブン・マクリーンが食野のことを称賛している。同選手はこの日本人FWが備えている能力の中でも、シュートの素早さが秀逸と次のように語った。

「通常、選手がどれほどの時間でチームに順応するかはわからない。ただ、彼は屈強で確かなクオリティを備えているよ。ボックス内とその周辺での彼はまるで稲妻みたいだよ。足の振りが少ないからシュートの挙動が素早いんだ。間違いなくクオリティが高い選手だね」

マクリーンがこのように若き日本人FWを評価したことを英『NOT THE OLD FIRM』が伝えている。G大阪時代にも小さな足の振りから放たれる強烈ミドルを相手ゴールに幾度となく突き刺していた食野。ゴール前でのスペースが少ない現代サッカーにおいて、彼のスキルは相手にとって大きな脅威となることだろう。

個の力で得点を奪い切る能力を備える食野。はたして、彼はこれからどのようなキャリアを築き上げていくのだろうか。ハーツで躍動する若きサムライのプレイから、今後も目が離せない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ