リヴァプール史に残る“ベストバイ”の1つ クロップ絶賛の実力派低コストDF

フリー補強のマティプとミルナー photo/Getty Images

リヴァプールのCL制覇を支えた

昨季チャンピオンズリーグを制したリヴァプールを支えるのは、7500万ポンドでサウサンプトンから獲得したDFフィルジル・ファン・ダイク、6700万ポンドでローマから獲得したGKアリソン・ベッカー、2017年夏に3430万ポンドでローマから獲得したFWモハメド・サラーといった選手たちだ。彼らの補強は大ヒットとなり、これが昨季のチャンピオンズリーグ制覇に繋がった。

これらの補強はリヴァプールの歴史に残るヒットとなるだろうが、さすがに実力者だけあってコストがかかっている。特にファン・ダイク、アリソン獲得にかかった費用は高額で、ビジネス的には大ヒットと言えないのかもしれない。

安価で獲得し、トップレベルのパフォーマンスをしてくれる選手がコスト的にも最高なのだが、今のリヴァプールにはフリーでやってきた実力者がいる。ファン・ダイクの相棒を務めるDFジョエル・マティプだ。

2016年の夏にシャルケからフリーで加入したマティプは、すっかりファン・ダイクの相棒で固定されるようになった。高さ、1対1の強さも申し分なく、このような実力派センターバックをフリーで獲得できたのは大きい。

英『Daily Mirror』によると、指揮官ユルゲン・クロップもマティプの補強がビジネス的にリヴァプール最高の補強の1つだったと絶賛する。

「ジョエルはいつだってインクレディブルなタレントだよ。彼は18歳の時にシャルケでプレイしていたけど、それは簡単じゃない。高額な移籍金がかかる世界でジョエルをフリーで獲得できたのは信じられないことで、ビジネス的に我々のベスト補強の1つだよ」

同じくフリーで獲得された選手ではMFジェイムズ・ミルナーも大きく貢献しており、高額移籍金で獲得された選手だけが今のリヴァプールを支えているわけではない。7500万ポンドのファン・ダイクとフリーのマティプとは何とも対照的なセンターバックコンビだが、マティプの補強はファン・ダイクやアリソンに負けないリヴァプール・ベスト補強の1つとなっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ