ペップ、疑惑かけられた教え子を全力擁護 「FAは何もわかってない」

FAの調査に対して自身の意見を述べたグアルディオラ監督 photo/Getty Images

「処分が科された場合、それは間違い」

選手同士のジョークに対してイングランドサッカー協会(FA)が介入することを、指揮官は快く思っていないようだ。マンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバにかけられた「人種差別疑惑」に対して、ジョゼップ・グアルディオラ監督が自身の意見を述べている。

騒動の始まりは22日。B・シウバが自身のTwitterへ投稿した1つの画像だ。同選手はモナコ時代からの同僚であるフランス代表DFバンジャマン・メンディの幼少期の写真と、チョコレート菓子『conguitos』のキャラクター(全身がチョコレート色で、真っ赤な唇が特徴)画像を合わせたものとともに「これは誰でしょう?」と綴った。これに対してメンディ本人も絵文字で気さくに返信。二人の仲の良さがうかがえる何気ないやりとりだったが、FAはこれを問題視。「人種差別」にあたるのではないかとして、調査に入ったと英『The Guardian』などが伝えている。

そんな今回の騒動に対して、グアルディオラ監督がコメント。FAは当時の状況や2人の人柄、関係性を正確に把握してから調査に入るべきだと訴えている。

「(ベルナルドに)何か処分が科された場合、それは間違いだろう。2人の関係性についてFAは何もわかってない。彼らはもっと別の問題に集中すべきだ。ベルナルドは私がこれまでの人生で出会った中で最も素敵な人間の1人だよ。そして、メンディは彼の親友だ。2人は兄弟のような存在なんだ。メンディの反応から見てもそれは明らか。彼らはいつも冗談を言い合っているよ。画像は肌の色に関するものじゃない。正直なところ、私は今回の件に関して何かが起こったとは思わないね。彼らがベルナルドに事情を聴きたいなら、彼は話をする準備ができていると思う。だが、FAは状況を正確に知る必要がある」

グアルディオラ監督がこのように語ったことを英『Daily Mail』が伝えている。2人の良好な関係をよく知る同監督だからこそ、B・シウバにそのような意図がなかったことを理解しているのだろう。指揮官は教え子を全力で擁護している。

とはいえ、B・シウバもわざわざ大勢の人が閲覧できるSNS上でこういったやりとりをすべきではなかったか。このツイートが「人種差別」と判断された場合、同選手には6試合の出場停止処分が言い渡される可能性があるという。昨季ブレイクを果たし、今やマンCに必要不可欠な存在となっているB・シウバ。はたしてこの騒動、どのような結末を迎えるか。順位争いに直接的な影響も与えかねないだけに、今後の動向に注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ