[今週の注目試合]日本代表がW杯に向け大事な初戦! ACL組登場のルヴァン杯も見逃すな

”風間八宏ダービー”となる川崎対名古屋は準々決勝の中でも注目の一戦だ photo/Getty Images

○YBCルヴァン杯・準々決勝1stレグ

①北海道コンサドーレ札幌×サンフレッチェ広島
4日(水)19:00 キックオフ


②ガンバ大阪×FC東京
4日(水)19:00 キックオフ


③川崎フロンターレ×名古屋グランパス
4日(水)19:00 キックオフ


④浦和レッズ×鹿島アントラーズ
4日(水)19:30 キックオフ



いよいよルヴァン杯もノックアウトステージに突入し、ACL組が参戦する。なかでも注目は“風間八宏ダービー”となる川崎フロンターレ対名古屋グランパスか。川崎は直近のリーグ戦6試合で勝利から遠ざかっており、対する名古屋も2連敗中。お互いリーグ戦で再度エンジンを掛け直すためにも負けられない一戦だ。

浦和対鹿島のACL組同士の対決からも目が離せない。前回対戦は1カ月前のリーグ戦で結果は1-1のドローとなっている。ホームだった浦和は終盤に興梠のゴールで何とか追いついたが、今回はアウェイゴール方式が採用されるカップ戦。何としてでも無失点で切り抜けたいとこだろう。一方の鹿島は頼れる主将である内田が復帰。昨季天皇杯準決勝で敗れた相手に雪辱を果たすことができるか。

マジョルカ移籍後すぐの代表招集となった久保だが存在感を放つことはできるか photo/Getty Images

○キリンチャレンジ杯2019

日本代表×パラグアイ代表


5日(木)19:20 キックオフ



10日に行われるアジア2次予選・ミャンマー戦を前に、日本代表はキリンチャレンジ杯で約1年ぶりにパラグアイ代表と対戦する。手堅いメンバー構成となった日本代表は南米の曲者をどう攻略するのか。武藤嘉紀の同僚であるミゲル・アルミロン(ニューカッスル)や小柄ながら高い決定力を備えるデルリス・ゴンサレス(サントス)など、各ポジションに実力者を揃える同代表はチームの現状を把握するにはうってつけの相手だろう。久保建英や堂安律などといった今夏活躍の場を移した選手の仕上がり具合を見極め、ミャンマー代表戦に弾みをつけられるような90分にできるか。

オランダの鉄壁守備陣をドイツ攻撃陣がどう崩すかに注目が集まる photo/Getty Images

○EURO2020・予選

ドイツ代表×オランダ代表


6日(金)27:45 キックオフ



6日の深夜には、欧州の強豪国がユーロ予選で激突する。見どころは、やはりオランダが誇るDFフィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)とDFマタイス・デ・リフトの“世界最高級CBコンビ”をドイツ攻撃陣がどう攻略しにかかるかだろう。今年3月に行われた前回対戦では3-2でドイツが勝利しているだけに、オランダはいつもにも増して警戒を強めているはず。前節エストニア戦で8ゴールを沈めた勢いそのままに、ドイツはゴールをこじ開けたいところだ。

W杯に向けた大事な一戦、森保監督の手堅いメンバー選考は功を奏するか photo/Getty Images

○2022カタールW杯・アジア2次予選

日本代表×ミャンマー代表


10日(火)21:40 キックオフ



ロシアでの激闘から1年。いよいよ次回の2020カタールW杯に向けて、日本代表が本格始動する。ミャンマー、モンゴル、キルギス、タジキスタンといった格下国が揃うグループの中で新戦力を探る可能性も囁かれたが、それでも森保監督は経験などを考慮し“本気”のチームで初戦に挑む決断を下した。今回招集された海外組は過去最多となる19名。ここまでのメンバー構成で挑むとなれば、単なる勝利では終われない。期待されるのは大勝発進だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ