“超万能型ストライカー”の脅威! レアルの点取り屋が残す驚きの数字

レアルのベンゼマ photo/Getty Images

ジダン政権の要

昨夏にクリスティアーノ・ロナウドを失ったレアル・マドリードは新たな得点源を求めていたが、想像以上に得点を量産してくれたのがFWカリム・ベンゼマだ。

2017-18シーズンはシーズン全体で12得点しか決めなかった男が、昨季は30得点も決めたのだ。倍以上の得点を奪うことになり、この変化はサポーターも予想していなかっただろう。その勢いは今季も続いている。

ここまでベンゼマは開幕から2試合連続得点を記録しており、指揮官ジネディーヌ・ジダンにとって絶対外せない点取り屋となっている。何よりスペイン『MARCA』が驚いているのは、ジダンが指揮官に復帰してからはリーグ戦の半分のゴールをベンゼマ1人で決めているのだ。

ジダンが復帰したのは3月のセルタ戦からで、レアルはそこからリーグ戦で20のゴールを挙げている。そのうち10ゴールはベンゼマが決めている。今夏にチームはエデン・アザール、ルカ・ヨビッチらアタッカーに手を加えたが、ベンゼマの重要性は全く変わらない。

ロナウドがいた時は良き相棒としてチャンスメイクに努め、去ってからは自身が点取り屋に。超万能型FWベンゼマこそレアルの攻撃の要だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ