首位争いを繰り広げる横浜FMに大打撃 “得点王”が骨折で長期離脱へ

得点ランキングのトップに立ち、横浜FMの攻撃を支えてきたエジガル・ジュニオ photo/Getty Images

全治3ヶ月の見込み

横浜F・マリノスは28日、同クラブに所属するブラジル人FWエジガル・ジュニオが負傷離脱することになったと発表した。

現在28歳のエジガル・ジュニオは今年1月に期限付き移籍で横浜FMへ加入。1年目ながら、素早いパス回しで試合を支配するポステコグルー・サッカーにすぐさま適応して見せた。今季開幕戦となったガンバ大阪戦で決勝ゴールを挙げると、ここまでリーグ戦16試合に出場し、11ゴールと得点を量産。今月20日に行われたヴィッセル神戸戦(第20節)でも貴重な先制ゴールを決め、3試合連続ゴールを記録して得点ランキングのトップに立っている。

しかし、この神戸戦でエジガル・ジュニオに悲劇が襲った。後半開始直後の52分、左クロスに合わせようとゴール前へ走り込んだ際、芝生に左足が引っかかり負傷。ピッチへ倒れ込むと、そのまま担架で運び出され、負傷交代を余儀なくされていた。クラブの公式サイトによると、その後の検査で左足間接を骨折していることが判明。母国へ帰国した同選手は、サンパウロ市内の病院にて手術を実施し、全治3ヶ月の見込みと診断されたという。

現在リーグ戦で2位につけ、首位争いを繰り広げている横浜FM。ここまでJ1最多得点を誇る攻撃を牽引してきたエジガル・ジュニオの長期離脱は、チームに大きな痛手となってしまったかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ