冨安は「ボローニャの未来」 新天地での期待が半端ないぞ

イタリアでも活躍が期待される冨安 photo/Getty Images

冨安の獲得を喜ぶCEO

ボローニャの最高経営責任者(CEO)を務めるクラウディオ・フェヌッチ氏が、新戦力の日本代表DF冨安健洋への大きな期待をあらわにしている。

冨安はベルギーでの活躍が認められ、昨年10月に当時19歳ながらA代表デビュー。今年1月に行われたAFCアジアカップの登録メンバーに選ばれると、堂々たるプレイを披露してさらに評価を急上昇させた。先輩DFの長友佑都や吉田麻也も大絶賛するほどで、先日のコパ・アメリカでも全3試合でフル出場を果たしており、南米の強豪国を相手にもその守備能力の高さを見せていた。こういった活躍もあり、今夏ステップアップが期待されたていたが、冨安が新天地に選んだのはイタリアだ。700万ユーロの移籍金で、シント・トロイデンからかつて中田英寿がプレイしたボローニャへの移籍を決断した。

そんな冨安の入団会見が今月23日に行われ、同選手は新天地での意気込みなどを語った。その入団会見で、フェヌッチCEOは冨安について「我々はボローニャ史上2人目となる日本人選手を獲得できたことを喜んでいる。彼は(元ボローニャのフェリペ・)アヴェナッティがいたベルギーでプレイしていたので、我々は長期にわたって彼を追いかけていた。彼が言うように、我々を驚かせてくれるんじゃないかな」とコメント。伊『calcionews24』などが伝えた。

さらに「彼は1998年生まれながら優れた経験を持っており、守備面で多くの役割をこなすことができる万能な選手だ。なので、彼はボローニャの現在と未来を表している。まだ間もないが、彼のグループへの加わり方や仕事の仕方に満足していると言うことができるよ」とも話している。はたして、冨安はこれらに期待に応え、守備大国のイタリアでも輝きを放つことができるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ