サンチョのマンU行きに意外な男が待った? レジェンドが送るアドバイス

イングランド代表のサンチョ photo/Getty Images

マンUが関心を示しているとの話題もあるが

2017年の夏に出場機会を求めてマンチェスター・シティからドルトムントへと移籍したMFジェイドン・サンチョは、ドイツで一気に才能を開花させた。ブンデスリーガの中でもトップレベルのチャンスメイカーとなり、イングランドA代表にも定着。まだ19歳だが、一気にワールドクラスの仲間入りを果たした印象だ。

そのサンチョには以前からマンチェスター・ユナイテッドが興味を示していると言われ、イングランドでのプレイはサンチョの頭の中にもあるはず。いつかはプレミアリーグで自身の実力を披露したいとの考えもあるだろう。

しかし、まだタイミングではないのかもしれない。やや意外だが、サンチョのマンU移籍案に待ったをかけたのがウェイン・ルーニーだ。現在アメリカ・MLSでプレイするルーニーはマンUのOBであり、本来であればサンチョのような実力者がマンUへ加わることを歓迎するはず。

しかし英『Daily Mirror』によると、ルーニーは出場機会の確保がサンチョの成長に繋がると語っており、ドルトムントで続けることも良い選択肢と語っている。

「ドルトムントは素晴らしいファンがいる偉大なクラブで、ここ1年のジェイドンの進歩から分かるように彼らは若手選手を信頼している。今ジェイドンは自身に聞かないといけない。イングランドへ移った時にドルトムントと同じようにプレイタイムを得られるのか、ベンチに座ることになるのか。プレイタイムはジェイドンのような若い選手にとって非常に重要だ。だからドルトムントで多くのプレイタイムを得られるなら、彼は残るべきだ」

ドルトムントは今夏も補強へ動いているが、それでもサンチョの立場は安泰だろう。新シーズンもマルコ・ロイスとサンチョのコンビが攻撃の軸となるはずだ。EURO2020へ向け代表でも立場を確実なものとするならば、ドルトムントで続ける方が無難か。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ