代表のメッシは不十分!? コパとW杯決勝Tでは”4得点”しか決めていなかった

アルゼンチン代表のメッシ  photo/Getty Images

ビッグマッチで結果が出ない

ここ10年にわたってアルゼンチン代表を引っ張ってきたのは、紛れもなくリオネル・メッシだ。しかし、バルセロナでプレイしている時とは違ってタイトルが遠い。今回のコパ・アメリカも準決勝でブラジル代表に敗れてしまい、メッシはまたも頂点に届かなかった。

気になるのはメッシの個人成績だ。テクニックは相変わらず超ハイレベルだが、今大会はPKによる1点しか奪えず大会を去っている。代表戦に限れば、メッシはビッグマッチで思うような結果を残せていないのだ。

英『Sportbible』が興味深いデータを紹介しているが、メッシは2007年以降の集計では代表メジャートーナメントのノックアウトステージで僅か4得点しか奪えていない。2016年に行われたコパ・アメリカ・センテナリオでは準々決勝のベネズエラ戦、準決勝のアメリカ戦と1点ずつ奪っているのだが、その前年のコパ・アメリカ2015では決勝まで進みながら決勝トーナメントでのメッシのゴールはなかった。

コパ・アメリカ2011では準々決勝でウルグアイ代表にPK戦の末敗れたが、この時もメッシにゴールはなし。2007年大会では決勝トーナメントで2得点を奪ってファイナルへ駒を進めたが、この時はブラジルに0-3の完敗を喫している。メッシが代表戦の決勝トーナメントで挙げた得点は2016年大会の2点、2007年大会の2点を合わせた4点のみなのだ。

意外かもしれないが、メッシはワールドカップの決勝トーナメントで得点を決めたことがない。2014年大会では決勝まで勝ち進んだが、アルゼンチンの試合は渋い内容ばかりだった。決勝トーナメント1回戦ではスイス代表をアンヘル・ディ・マリアの延長弾で何とか撃破し、ベスト8ではゴンサロ・イグアインのゴールを守り切ってベルギー代表に1-0の勝利。ベスト4のオランダ代表戦は0-0からのPK戦で勝利。そして決勝のドイツ代表戦も得点を奪えず0-1で敗れた。

昨年のロシアワールドカップではベスト16でフランス代表と3-4の打ち合いを演じたが、この時もメッシに得点はなかった。バルセロナでの存在感は特別だが、代表になるとビッグマッチでやや影が薄くなる。メッシ1人の責任とは言えないが、代表での成績がやや物足りないのは事実だろう。今回のコパ・アメリカも残念な結果となってしまったが、メッシに代表での次なる目標はあるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ