「ばかげた金額」「過大評価」 アトレティコ獲得の19歳に厳しい意見続出

アトレティコに加わるフェリックス  photo/Getty Images

19歳で1億ユーロを超える

今夏の市場で最も注目されていた10代プレイヤーの移籍がついに実現した。

3日、アトレティコ・マドリードはベンフィカからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスを獲得したと発表。背番号は退団するアントワーヌ・グリーズマンが着用していた7番を背負うことになっており、求められている役割は非常にシンプルだ。フェリックスにはグリーズマンに代わってアトレティコの攻撃を引っ張ることが期待されているのだ。

フェリックスはすでにポルトガルA代表でポジションを得ており、ベンフィカでも昨季は国内とヨーロッパリーグで印象的な活躍を披露した。特に長谷部誠が所属するフランクフルトとの一戦でハットトリックを記録した衝撃は大きく、19歳と153日でのハットトリック達成はヨーロッパリーグ史上最年少記録だった。

ただ、今回の移籍に関して世間の反応は少しばかり冷ややかだ。ポテンシャルは間違いないのだが、問題視されているのはアトレティコが支払った移籍金の高さだ。フェリックス獲得には1億2600万ユーロが費やされており、アトレティコにとってはクラブ史上最高額での補強となる。サッカー界全体でも4番目に高額な移籍金となり、この金額に驚いた人も多いだろう。

英『Caughtoffside』がまとめているが、SNS上では19歳の選手にしては移籍金が高額すぎないかとの声も出ている。年齢的にまだ完成された選手というわけではなく、これから成長していく選手だ。その選手に1億ユーロ超えは高すぎたのかもしれない。

「最高に過大評価されている」

「1回のハットトリックの不思議だ」

「ばかげた金額だ。この金額ならクオリティある選手を4、5人は獲得できた」

「なんて金の無駄遣い」

フェリックスにとっては大きなプレッシャーとなるだろうが、まずはこの移籍金が妥当なものだったと証明しなければならない。簡単なミッションではないが、グリーズマン級の働きを見せられるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ