注目すべきはインテリジェンス マンC移籍間近のスペイン代表MF

マンC移籍が近いと噂されるロドリゴ photo/Getty Images

スペインの先輩が太鼓判

2018-19シーズン、イングランド史上初となる国内3冠を達成したマンチェスター・シティ。ジョゼップ・グアルディオラ監督の作り上げたチームは極めて強力だ。一見穴がないようにも思える同チームだが、補強が急務と言えるポジションもある。ブラジル代表MFフェルナンジーニョの高齢化が懸念されるアンカーだ。

これまでこのポジションでハイレベルなタスクをこなしてきたフェルナンジーニョはすでに34歳。衰えが見え始めてもおかしくない年齢だ。今季フェルナンジーニョが不在の際には代役をドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンも務めたが、先のことを考えるともう1人活きのいい若手を補強しておきたいところだろう。

そのために、マンCが現在リストアップしているとされるのが、アトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスだ。そのボール捌きやビルドアップ能力、クレバーでクリーンなボール奪取などが光る22歳は、スペインで“NEXTブスケッツ”とも称される逸材。バルセロナのイズムを受け継ぐグアルディオラ監督のサッカーにはもってこいの選手と言える。

そのロドリゴに関して、かつてバルセロナなどで活躍したルイス・ミラ氏が言及している。『Omnisport』によると、同氏はロドリゴのインテリジェンスを高く評価し、マンCの展開する高度な戦術にもすぐ順応できると考えているようだ。

「ロドリ(ロドリゴの愛称)はマンCに完璧にフィットするだろう。彼のプレイスタイルはバルセロナやアヤックスのそれに近いものがある。そしてマンCにはバルセロナのサッカーに影響を受けた監督がいるんだ。ロドリはそこで活躍できるだけの能力とセンスを備えているよ。素早くゲームを読む能力とかね。彼はそれぞれの場面で実行すべきことを理解しているんだ。知的で、戦術的だから決して立ち位置を間違えない。彼はポジショナルプレイを理解しているね」

ミラ氏にお墨付きをもらったロドリゴ。はたして来季、彼はマンCで輝いているのだろうか。移籍が成立した場合には、その知的なプレイに注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ