U-21全員呼べたらどこが”最強”!? ムバッペの仏、サンチョの英が恐ろしい

ロシアW杯を制しているムバッペ photo/Getty Images

もはやA代表と変わらぬレベル

現在イタリアとサンマリノで開催されているU-21欧州選手権は、若きスター選手が集結する注目のコンペティションだ。しかし、全てのU-21プレイヤーが参加しているわけではない。すでにA代表に召集されている者もいるため、今回のU-21欧州選手権は回避している選手も存在するのだ。

ではそうしたA代表に召集されている選手も合わせると、最強のU-21チームはどの国になるのだろうか。英『GIVE ME SPORT』がいくつかの国を特集しているのだが、恐ろしいのはイングランド代表、フランス代表、ドイツ代表の3チームだ。

・イングランド代表

GK
ディーン・ヘンダーソン

DF
トレント・アレクサンダー・アーノルド
ジョー・ゴメス
フィカヨ・トモリ
ベン・チルウェル

MF
デクラン・ライス
デル・アリ
ジェイムズ・マディソン

FW
マーカス・ラッシュフォード
ジェイドン・サンチョ
タミー・アブラハム

このうちネーションズリーグの方に召集されていたのがアーノルド、ゴメス、チルウェル、ライス、デル・アリ、ラッシュフォード、サンチョの7人だ。本来ならばこの7人を今回のU-21の方で起用することも可能となる。最強に近いチームと言えるのではないか。

・フランス代表

GK
アルバン・ラフォント

DF
バンジャマン・パヴァール
リュカ・エルナンデス
イブラヒマ・コナテ
ダヨ・ウパメカノ

MF
タンギー・エンドンベレ
マッテオ・グエンドウジ
ホッセム・オーアル

FW
キリアン・ムバッペ
キングスレイ・コマン
ムサ・デンベレ

ロシアワールドカップ制覇をサイドバックの位置から支えたパヴァールとエルナンデス、A代表の方に召集されていたエンドンベレ、コマン、そして何と言ってもムバッペが入ってくる。バルセロナのウスマン・デンベレも候補者で、フランスもさすがに豪華だ。

ドイツ代表

GK
アレクサンダー・ニューベル

DF
ルーカス・クロスターマン
ヨナタン・ター
ティロ・ケーラー
ベンヤミン・ヘンリクス

MF
マフムード・ダフード
マキシミリアン・エッゲシュタイン
ユリアン・ブラント
カイ・ハフェルツ
レロイ・サネ

FW
ティモ・ヴェルナー

最終ラインからボランチにかけては大きな変化がないが、前線はさすがに豪華だ。サネ、ヴェルナーらはEURO2020予選の方で今月プレイしており、ワールドクラスのタレントなのは間違いない。


仮にU-21の選手をフルに召集できるとすれば、来年の東京五輪でこれに近いチームを見ることも可能になる。日本代表にとっては悪夢の布陣だが、ファンにとってはたまらないイレブンと言えよう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ