獲得できるのは誰だ スールシャール・マンUが狙う”10人”の新戦力候補

マンUを指揮するスールシャール photo/Getty Images

補強は不可欠

来季のチャンピオンズリーグ出場権を逃してしまったマンチェスター・ユナイテッドは、今夏の選手補強が不可欠だ。主力数名の移籍も噂されており、今夏には積極的な動きを見せる必要があるだろう。

これまでも数名の選手が獲得リストに挙げられてきたが、今回英『Daily Mirror』は獲得の可能性がある10選手をまとめている。

まず最終ラインでは、アントニオ・バレンシアが去る右サイドバックにクリスタル・パレスのアーロン・ワン・ビサカ、パリ・サンジェルマンのトーマス・ムニエが候補者に挙げられてきた。アーロン・ワン・ビサカはイングランドのA代表入りを狙う伸び盛りの21歳、ムニエは昨夏のロシアワールドカップで日本代表とも対戦したベルギー代表の一員だ。

今夏の重要補強ポイントでもあるセンターバックにはレスター・シティのハリー・マグワイア、さらにはインテルのミラン・シュクリニアルの名前も挙げられている。マグワイアは昨夏も補強候補に挙げられていたが、実現はしなかった。同メディアはマグワイアが指揮官オーレ・グンナー・スールシャールのファーストターゲットと伝えており、獲得には9000万ポンド近い費用がかかると見られている。

シュクリニアルの獲得も容易ではないが、インテルで実力は証明済みだ。こちらは8000万ポンドは必要と評価されている。

アンデル・エレーラが退団し、ポール・ポグバにも移籍の噂がある中盤にはサプライズ候補としてバルセロナのイヴァン・ラキティッチ、ネマニャ・マティッチに代わるアンカー候補としてトッテナムのエリック・ダイアー、2人より移籍金を抑えられる別の選択肢としてニューカッスルの21歳MFシーン・ロングスタッフも挙げられている。

またポグバの後継者候補としてリヨンのタンギー・エンドンベレの名前も挙がっている。争奪戦は避けられないが、他に挙げられた3名よりもダイナミックな攻撃参加が期待できる。

前線では同じリヨンからムサ・デンベレ、そして最大の希望としてベンフィカの19歳FWジョアン・フェリックスが挙げられている。フェリックスの獲得は難しいが、ロメル・ルカクが退団するのであれば新たなセンターフォワードが欲しい。

同メディアが紹介した10人は以上だ。この中から何人が加わるか分からないが、マンUは理想の夏を過ごせるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ