V・ペルシーは今もアーセナルを思う 願う”プレミア制覇”はいつになる?

アーセナル時代のファン・ペルシー photo/Getty Images

マンC、リヴァプールの次は……

今季限りで現役を引退した元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーは、2004年から8年間アーセナルでリーグ制覇目指して戦ってきた名ストライカーだ。2011-12シーズンにはリーグ戦で30得点を記録するなど奮闘を続けたが、それでもアーセナルはリーグタイトルに届かなかった。

結局ファン・ペルシーはプレミア制覇を目指してマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、2012-13シーズンに26得点を記録してプレミア制覇の夢を叶えた。アーセナルサポーターにとっては屈辱的な展開だったはずだが、ファン・ペルシーは今でもアーセナルのことを思っている。

英『BBC』によると、ファン・ペルシーはウナイ・エメリ率いる現在のアーセナルが確実に良くなっていると手応えを口にしている。今すぐプレミア制覇を成し遂げるのは難しいだろうが、もう少し待てばチャンスがくると考えているのだ。

「もちろん彼らはリーグ制覇できる。すでに近づいているよ。今はマンチェスター・シティが信じられないことをしていて、連覇は本当に特別なものだ。だけど、来年にはグアルディオラもシティを去るだろう。そして恐らくリヴァプールがそこから数年支配する。どれだけ難しいことかは理解しているけど、それでも僕はアーセナルがタイトルを勝ち取れることを願っているんだ」

グアルディオラが去ってマンCの時代が終わり、ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールが頂点へ。アーセナルがリーグ制覇を狙うなら、その後ということだろうか。少々時間はかかるが、5年後くらいに頂点を狙える体制ができていれば理想的だ。ファン・ペルシーはチャンスがあると考えているようだが、アーセナルのプレミア制覇はいつになるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ