吉田麻也、プレミア残留へ油断なし! 「この努力をやめてしまえば……」

プレミア残留にむけてカーディフ戦が重要だと語った吉田 photo/Getty Images

残り5試合、逃げ切れるか

昨季に続き、今季もプレミアリーグの残留争いに巻き込まれている日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトン。同クラブは現在、勝ち点36で16位に位置しており降格圏内の18位カーディフとの差は5ポイントだ。残り試合数がサウサンプトンは5試合、カーディフが4試合であることを考えるとサウサンプトンの残留は濃厚といえる状況だが、日本のディフェンスリーダーに油断はない。

英『Daily Echo』によると、吉田はプレミア残留を果たすためには次節のニューカッスル戦が重要だと次のように語っている。

「サウサンプトンはすでに安全圏だと言っている人もいますが、そうは思いません。最後まで集中しないといけませんね。ぼくたちの目標は40ポイント。次の試合に勝利したら、安全だと言えます。彼ら(ニューカッスル)はすでに残留が濃厚ですが、過去数試合を振り返ってみると、ぼくらはすごく良いチームになっていますね。ピッチ上でぼくたちは多くの努力をしています。堅実なディフェンスを披露しているし、複数得点も奪っていますね。だからこそサウサンプトンはこの位置にいるんです、決して魔法ではないですよ。この努力をやめてしまえば、勝つことはできないです」

サウサンプトンは前節のウォルバーハンプトン戦で第18節ハダーズフィールド戦以来となる3得点を挙げて勝利した。やっと攻撃の歯車が噛み合い始めたことに安堵しつつも、リーダー気質の吉田はここで気を緩めないことが重要だと感じているのだろう。2シーズン連続で苦しい戦いを強いられているサウサンプトンだが、このまま逃げ切ることができるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ