ネイマール、CL早期敗退に繋がった“ハンド判定”に激怒[映像アリ]

負傷によりマンU戦を欠場したネイマール photo/Getty Images

「サッカーを知らない連中が......」

現地時間6日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16の第2戦で、マンチェスター・ユナイテッドに1-3で敗れたパリ・サンジェルマン(以下PSG)。第2戦の89分すぎ、マンチェスター・ユナイテッドのDFジオゴ・ダロトのシュートが自陣ペナルティエリア内にいたPSGのDFプレスネル・キンペンベの右腕に当たる。ビデオアシスタントレフェリーの助言を受け、ピッチ脇のモニターで映像を確認した主審はキンペンベのハンドリングの反則をとり、マンチェスター・ユナイテッドにPKを与えた。FWマーカス・ラッシュフォードがキックを成功させ、2戦合計スコアは3-3に。敵地で行われた第1戦を2-0でモノにしていたPSGだが、アウェイゴール数でマンチェスター・ユナイテッドを下回り、ラウンド16で姿を消した。

右足の負傷により同試合を欠場したPSGのFWネイマールはInstagramのストーリー機能を使い、このPK判定に対する不満を吐露。「サッカーを知らない(モニタールームの)4人の連中が奇妙な判定を下した。なぜあれがハンドリングの反則になるんだ。ふざけるな」と、別室で試合映像をチェックし、主審に助言を与えたビデオアシスタントレフェリーへ怒りをぶちまけた。

現行の競技規則では、「競技者が手または腕を用いて“意図的に”ボールに触れる行為」がハンドリングの反則にあたると定められている。ボールの軌道にむけて手を伸ばしたのか、ボールを回避するだけの空間的な余裕(ボールとの距離)があったのかなどが判定の基準となるが、映像を見る限りキンペンベが不自然な位置まで右腕を上げているとは言いきれず、シュートの軌道へ右手を差し出したようにも見えない。今後もこの判定をめぐり多くの議論が巻き起こりそうだ。


参照元:youtube(問題の場面は3分30秒~)


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ