クルトワの”呪い”!? レアルまさかのCL敗退に「彼が呪いを持ち込んだ」

レアルのクルトワ photo/Getty Images

ベスト16はクルトワにとって最大の壁

敗因の全てを1人の選手に背負わせることはできないが、レアル・マドリードではGKティボ・クルトワの「呪い」が注目を集めている。

レアルはチャンピオンズリーグを3連覇中だったが、今季はベスト16でアヤックスにまさかの完敗。ホームでの2ndレグを1-4と派手なスコアで落としてしまい、欧州王者がベスト16で姿を消す珍事となった。

スペイン『MARCA』は、この敗戦を受けてクルトワのキャリアに注目している。クルトワといえばアトレティコ・マドリードに所属していた2013-14シーズンにチャンピオンズリーグ決勝まで駒を進めている。決勝ではレアルに敗れるのだが、それ以降クルトワはチャンピオンズリーグのベスト16を突破したことがない。

チェルシーに移籍した2014-15シーズンは決勝トーナメント1回戦でパリ・サンジェルマンと対戦し、アウェイゴールの差で敗れてしまった。当時のチェルシーは敵地での1stレグを1-1のドローで終え、アウェイゴールを奪って本拠地スタンフォード・ブリッジに戻ることができた。有利なのはチェルシーで、しかも2ndレグでは前半30分にパリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチが退場。数的優位に立った。ところが、86分にダビド・ルイスに得点を決められて延長戦に。延長でもチアゴ・シウバに得点を決められ、アウェイゴールの差で敗れてしまった。

続く2015-16シーズンもベスト16でパリ・サンジェルマンと対戦し、この時はホームでもアウェイでも2-1で敗れた。このシーズンはリーグ戦でも低迷していたため、この結果も仕方がないだろう。

2016-17シーズンは出場資格がなく、2017-18シーズンはベスト16でバルセロナに完敗した。クルトワもリオネル・メッシに股間を通されるなど屈辱を味わっており、ベスト16の壁にクルトワは阻まれ続けてきたのだ。

「ベスト16のハードルは彼にとって乗り越えるのが不可能なもので、その呪いをマドリードに持ち込んだ」

同メディアはこのように伝えており、まさかのレアルでもベスト16で敗れてしまったことに驚いている。確かにアヤックスは強かったが、さすがに欧州王者レアルが完敗する姿までは予想できなかった。クルトワはアヤックス戦で合計5失点を喰らったわけだが、呪いが重すぎたのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ