大分のFW藤本、“3シーズン連続”の偉業達成 何を成し遂げた?[映像アリ]

昨年より大分でプレイしている藤本 photo/Getty Images

鹿島相手に躍動

大分トリニータに在籍中のFW藤本憲明が、23日の明治安田生命J1リーグ第1節(鹿島アントラーズ戦)で躍動した。

[3-4-2-1]の布陣の最前線でプレイした藤本は、巧みなフリーランニングで鹿島の守備陣を翻弄。18分にMF小塚和季からのショートパスを受けると、敵陣ペナルティエリアのライン上で左足を振り抜き、先制ゴールをゲット。さらに1-1の同点で迎えた69分には敵陣左サイドを突破したFWオナイウ阿道からのスルーパスを受け、この試合の決勝ゴールを挙げた。

2017年シーズンを当時J3の鹿児島ユナイテッドFCで過ごし、昨季開幕前に当時J2の大分トリニータへ移籍した藤本。同選手は2017年のJ3リーグと昨年のJ2リーグの第1節でも得点を挙げており、鹿島戦で3年連続の“開幕戦ゴール”を成し遂げた。異なる3つのカテゴリーの開幕戦で得点という離れ業をやってのけた同選手だが、J1の舞台でどれほど結果を残せるかに注目したいところだ。


参照元:youtube





記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ