最後の出場は約50日前!? マンUの5200万ポンドMFのブレイクはまだ

マンUのフレッジ photo/Getty Images

まだ適応に時間必要か

ジョゼ・モウリーニョからオーレ・グンナー・スールシャールに指揮官が交代したマンチェスター・ユナイテッドでは、アンデル・エレーラ、ネマニャ・マティッチ、ポール・ポグバの中盤トリオがファーストチョイスになっている。3人は好調を維持しており、特にポグバはすっかり大黒柱だ。

そんな中、ほとんど出番を与えられていない選手がいる。昨夏シャフタール・ドネツクから5200万ポンドとされる移籍金で加わったブラジル代表MFフレッジだ。調子を上げてきたマンUでなかなか出番が増えないフレッジのことを忘れかけているサポーターもいるのではないか。

それも無理はない。英『Manchester Evening News』は、フレッジが最後にピッチに立ってから50日が経過しようとしていることを取り上げている。最後の出場は1月5日のFA杯3回戦・レディング戦となっており、そろそろ2カ月前の出来事になってしまう。

まだスールシャールの信頼を完全に掴めていないためか、1月29日のバーンリー戦ではエレーラを休ませる代わりに若いアンドレアス・ペレイラを先発で起用。フレッジはベンチのまま出番がなかった。先日2-0で勝利したFA杯5回戦のチェルシー戦ではスコット・マクトミネイ、ペレイラの2人が途中出場し、これまたフレッジはベンチのままだった。

チーム内の序列も厳しくなっているようだが、まだクラブはフレッジがフィットすると自信を持っているという。トレーニングの内容そのものはポジティブで、もう少し時間が必要との見方だ。果たしてエレーラやマティッチを脅かせる時はくるのか。高額な移籍金がかかっているだけに、何とか中盤の貴重な戦力にしたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ