出場“約30分”でアシストの南野拓実 パス成功率も秀逸だった!

途中出場でありながら存在感を示した南野 photo/Getty Images

後半ATに鋭いボール奪取

RBザルツブルクに在籍中のFW南野拓実が、現地時間21日に行われたUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32の第2戦(クラブ・ブルッヘ戦)でアシストを記録した。

ベンチスタートとなった南野は、ザルツブルクが3-0とリードして迎えた63分より出場。84分すぎにはミドルシュートを打って相手GKを脅かすなど、ゴールへの意欲を示した。

そして迎えた後半アディショナルタイム。相手DFブラノ・プーランのパスをカットした南野がドリブルでボールを持ち運び、味方FWムナス・ダブールへスルーパスを供給。このボールを受けたダブールがゴール右隅へシュートを流し込み、ザルツブルクにダメ押し点をもたらした。第2戦を4-0で終えたザルツブルクが2戦合計スコアでもクラブ・ブルッヘを上回り(5-2)、ラウンド16へ駒を進めている。 

スポーツデータサイト『Sofa Score』の統計によると、南野は約30分間の出場で7本のパスを放ち、100%のパス成功率を記録。センターサークル付近からドリブルを開始し、敵陣ペナルティエリア付近で相手守備陣3人に囲まれた72分すぎにもダブールへのショートパスを成功させるなど、足下の技術の高さを見せつけた。今季は途中出場が多い同選手だが、限られたプレイタイムの中でも引き続き結果を残し、チーム内における地位を揺るぎないものにしたいところだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ