“カカー2世”への道はまだ遠い ピルロは今冬ミラン加入の21歳に納得せず

ミランに加わったルーカス・パケタ photo/Getty Images

今冬フラメンゴから加入

今冬にフラメンゴからミランにやってきたブラジル人MFルーカス・パケタは、ミランなどで活躍した元ブラジル代表MFカカーを思わせると高い評価を受けて加入した。カカーはミランでチャンピオンズリーグも制したレジェンドで、ミラン時代のパフォーマンスは圧巻だった。そのカカーと比較されるとなると、サポーターもパケタに大きな期待をかけているはずだ。

しかし、カカーと一緒にプレイしてきた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロはまだパケタに納得していない。パケタはすでにミランで先発出場を続けているが、カカーの領域には遠く及ばないとピルロは考えているのだろう。

「正直、彼はまだ私を確信させていない。良い選手にはなれるだろうけどね。ただ、まだベストな状態を見つけることができていない。彼はまだ私を驚かせてはいないよ。人々がカカーと比較するならね」

伊『sky SPORTS』によると、ピルロはこのようにパケタの印象を語っている。当時のカカーは爆発的なスピードがあり、1人でカウンターを完成させられるほどの突破力を備えていた。まさにバロンドールにふさわしいパフォーマンスで、それに比べるとパケタはまだインパクトが薄い。ピルロもクオリティはある程度評価しているようだが、誰もが認めるカカー2世への道は長いか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ