4部でもプレイした苦労人が1位に! ”現プレミア最高のサイドバック”は

リヴァプールのロバートソン photo/Getty Images

リヴァプールの選手が2人もトップ3に

現代サッカーではサイドバックの重要性が高まっており、攻守両面で重要な働きが求められる。プレミアリーグでも数多くの優れたサイドバックがプレイしているが、現プレミア最高のサイドバックは誰だろうか。英『Daily Mirror』がトップ10を作成している。

10位:リカルド・ペレイラ(レスター・シティ)



9位:リュカ・ディーニュ(エヴァートン)



8位:マルコス・アロンソ(チェルシー)



7位:マット・ドハーティ(ウォルバーハンプトン)



6位:カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)



まずは10位から6位だ。攻撃的な選手が多く、エヴァートンでレイトン・ベインズの後継者となっているディーニュ、サイドバックながら3得点4アシストと昇格組の意地を見せるウルブズのドハーティ、ここ最近は少し評価を落としているものの、ウォーカーも圧倒的なスピードで攻守に貢献できるサイドバックだ。

5位:アーロン・ワン・ビサカ(クリスタル・パレス)



4位:ベン・チルウェル(レスター・シティ)



3位:トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)



2位:セサル・アスピリクエタ(チェルシー)



1位:アンドリュー・ロバートソン(リヴァプール)




1位のロバートソンは特別だろう。ロバートソンはスコットランド代表の選手だが、若い頃は4部でプレイしていた苦労人だ。そこから徐々にステップアップし、2部のダンディー・ユナイテッドを経てハル・シティへ。そして名門リヴァプールへの移籍を果たした。昨季はチャンピオンズリーグ決勝にも出場し、数年前にはイメージできなかったキャリアだろう。

3位にも伸び盛りのアーノルドが入っており、リヴァプールの2人がトップ3に入っているのは見事だ。また5位のアーロン・ワン・ビサカ、4位のチルウェル、3位のアーノルドはイングランド人選手で、これからの代表チームを背負って立つと期待される若手選手たちだ。自国のサイドバックが育っているのも嬉しいニュースだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ