長谷部こそ”ブンデス最高”のセンターバック! 落ちたドイツの2人の評価

フランクフルトの長谷部 photo/Getty Images

独紙が高評価

独『Kicker』が先日発表したブンデスリーガの前半戦ベストイレブンには、フランクフルトで活躍する長谷部誠の名前が入っていた。長谷部は3バックの中央での選出となっており、今季もリベロとしてフル稼働しているのだ。それだけでなく、同メディアは前半戦のベストセンターバックにも長谷部を選んでいる。

とはいえ、この活躍に驚いている者もいるだろう。なぜなら今季のフランクフルトは指揮官がニコ・コバチからアディ・ヒュッターに代わり、長谷部が入るポジションがないと考えられていたからだ。ヒュッターには3バック以外の選択肢もあり、何より長谷部はロシアワールドカップから戻ってきたばかり。コンディションの面でも出遅れると予想されていた。しかし、ヒュッターは序盤戦のうちに3バックで固定。長谷部が中央に入ってからは調子を上げ、ヨーロッパリーグでも勝てるチームとなった。

一方で、同じベテランでも期待はずれとなったのがバイエルンの2人だ。ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスの2人は近年のブンデスリーガを支配する存在だったが、同メディアはここ2年でスピードを失い、個の部分でもミスが目立つと厳しい指摘をしている。今回の前半戦ベストイレブンでも3バックは長谷部、ドルトムントのダン・アクセル・ザガドゥ、ボルシアMGのマティアス・ギンターが選ばれている。

ベテランになって評価を高めている長谷部に対し、バイエルンの2人は逆の状況となっている。長谷部がセンターバックの選手としてバイエルンの2人を超える日がくると予想していた人はほとんどいないはずだが、今では長谷部がブンデスリーガ最高クラスのセンターバックとなっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ