アザールの0トップへ依存しすぎるのは危険 「彼が最も機能するのは……」

チェルシーのアザール photo/Getty Images

得点力のあるセンターフォワードを

アルバロ・モラタ、オリヴィエ・ジルーの働きが今ひとつなチェルシーでは、エデン・アザールを0トップで起用するケースも増えている。アザールもその期待に応えて10得点9アシストの成績を残しているのだが、英『METRO』は得点部分の多くをアザールに依存する現状をベストとは見ていない。

チェルシーには新しいセンターフォワードが必要と主張しているのだ。現在はナポリを指揮していたマウリツィオ・サッリがチームを率いているため、教え子のミランFWゴンサロ・イグアインの引き抜き説が頻繁に出ている。同メディアはあくまでアザールの偽9番はオプションの1つで、点取り屋と呼べるセンターフォワードをプランAにすべきと考えている。

「アザールはセンターフォワードの役割でも上手くやっているが、彼が最も機能するのはタッチラインとペナルティエリアの間のスペースだ。彼は今季得点への強い姿勢を見せているものの、クリスティアーノ・ロナウドやメッシほど得点に飢えているわけではない。アザールは1にドリブル、2にゴール、3にアシストといった具合だ。一方でイグアインは1にも2にも3にもゴールだ。イグアインの得点へのアプローチはファン・ニステルローイと似ている」

同メディアはこのように伝えており、アザールを1番の得点源とすることには納得していない。アンケートでも67%のサポーターはイグアインの獲得に賛成しており、イグアインに限らず得点を奪えるFW獲得へ力を注ぐべきなのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ