トップ4入りなら”特別ボーナス”!? マンU新指揮官に託されたミッション

マンUを指揮するスールシャール(中央) photo/Getty Images

チェルシー、アーセナルを捉えよ

ジョゼ・モウリーニョに代わってマンチェスター・ユナイテッドの指揮を執ることになったオーレ・グンナー・スールシャールに求められているのは、トップ4入りだ。難しい目標なのは確かだが、クラブはスールシャールにこれを求めている。

マンUはスールシャール体制の初陣となったカーディフ戦を5-1の大勝で飾ったが、同じ日にはチェルシーがレスター・シティにまさかの敗北を喫している。現在マンUは勝ち点29の6位となっており、5位アーセナルと4位チェルシーとは勝ち点差8だ。この点差ならまだ逆転は可能だ。

リヴァプール、マンチェスター・シティに追いつくのは難しいだろう。現状では3位トッテナムを含め、チェルシー、アーセナル、そしてマンUの4クラブでトップ4の残り2枠を争う格好となるはずだ。マンUも勝ち続ければ可能性があるだろう。

英『Daily Mirror』は、マンU側もトップ4入りが成功すればスールシャールに特別ボーナスをプラスする考えだと伝えている。クラブとしては絶対トップ4から漏れることは許されず、何としても4位に滑り込まなければならない。スールシャールにとっては1つのモチベーションとなるはずだが、ミッションをクリアしてボーナスを手に出来るだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ