ジダンが犯した”唯一のミス”? スペイン代表守護神に近づく男の獲得失敗

レアルが獲得したクルトワ photo/Getty Images

クルトワより獲るべき選手

昨季までレアル・マドリードを指揮したジネディーヌ・ジダンは、ほとんど完璧に近い仕事をこなしてみせた。チャンピオンズリーグ3連覇に導き、リーグタイトルも獲った。サポーターも最高の時間を楽しんだことだろう。しかし、1つだけミスがあったのではないか。

英『Daily Mail』が唯一のミスと指摘したのは、今夏チェルシーへ向かったGKケパ・アリサバラガを獲得しなかったことだ。今年冬にはレアルも当時アスレティック・ビルバオに所属していたアリサバラガ獲得に動くといった話題があったのだが、ジダンが獲得を見送るよう指示したとも言われている。

代わりにレアルは今夏チェルシーからティボ・クルトワを獲得したわけだが、クルトワのパフォーマンスはここまで100点満点とは言えない。ベルギー代表でも直近のスイス代表戦で5失点するなど苦戦気味だ。一方でアリサバラガはスペイン代表でも存在感を増しており、守護神ダビド・デ・ヘアに近づきつつある。

アリサバラガはチェルシーへ8000万ユーロもの移籍金で加入しているが、今年冬なら2000万ユーロでの獲得が可能だった。クルトワもロシアワールドカップでは見事な活躍を見せたが、今はその姿が見えなくなってきている。レアルは次期スペイン代表守護神の可能性があったアリサバラガをターゲットにすべきだったのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ