C・ロナウド、ルーニー、ロー ”マンU史上最高の選手1位”に選ばれたのは

マンUで活躍してきたルーニー photo/Getty Images

名選手がズラリ

これまで何人もの名手がプレイしてきたマンチェスター・ユナイテッドで、史上最高の選手を選ぶなら誰になるだろうか。偉大すぎるクラブでNo.1を決めるのは非常に難しいが、今回英『Manchester Evening News』がランキングを作成。今回はそのTOP10を紹介する。

10位:ロイ・キーン



10位は闘将キーンだ。プレミアリーグを7度制し、クラブのために戦い続けたファイターだ。同メディアはもっと才能のある選手は他にもいるが、ロイ・キーン以上に効果的な選手は少ないと称賛している。

9位:クリスティアーノ・ロナウド



ロナウドは今回9位に選ばれたが、レアル・マドリードに移籍することなくマンUに残っていれば順位はもっと上になったことだろう。同メディアは2007-08シーズンに計42得点を叩き込んだことを大きく評価しており、まさにロナウド伝説の始まりだった。

8位:ウェイン・ルーニー



ロナウドとルーニーが近い順位にいることにサポーターも特別な感情を抱くだろう。チームメイトであると同時にライバルでもあった2人だが、ルーニーはマンUに残り続ける道を選んだ。ボビー・チャールトン氏が持つクラブ最多得点記録も更新しており、紛れもないクラブのレジェンドだ。

7位:エリック・カントナ



何かとトラブルも多かったが、カントナのプレイは見ている者を楽しませた。サンダーランド戦でのループシュートもその1つで、オシャレな選手だった。在籍5シーズンでリーグを4度制していることも特徴で、サポーターの記憶に一生刻まれる名手だ。

6位:ダンカン・エドワーズ



1958年に起きたミュンヘンの悲劇にてエドワーズ氏は21歳の若さで命を落とした。21歳時点でマンUでのリーグ戦出場数が150を超えており、イングランドのみならず世界屈指の天才と絶賛されていた選手だ。当時チームを指揮した故マット・バスビー氏も、世界で最も完成された選手と語っていた。

5位:ポール・スコールズ



今は辛口解説者として活躍しているスコールズ氏は、多くのMFが憧れたコンプリートプレイヤーだった。圧倒的なパスセンスを誇り、同メディアも信じられないほどの才能と絶賛している。

4位:デニス・ロー



マンUでは通算237の得点を記録し、1963-64シーズンには計46得点も決めているローはスコットランドサッカー界を代表するレジェンドだ。1964年にはバロンドールも受賞している。

3位:ボビー・チャールトン



デニス・ローとともに一時代を築いたチャールトンが3位だ。ライアン・ギグスに抜かれてしまったが、それまではクラブ通算758試合出場の記録を保持していた。

2位:ジョージ・ベスト



デニス・ロー、ボビー・チャールトンとくれば次に故ジョージ・ベスト氏が来ることは容易に想像できる。この3人は三聖人と呼ばれた伝説のユニットであり、ベスト氏は1968年にはバロンドールも獲得している。

1位:ライアン・ギグス



1位はギグスだった。若い頃は圧倒的なスピードでサイドを疾走し、ベテランになってからは中盤で攻撃を組み立てる役割に回るなど、サッカーセンスは抜群だった。リーグ制覇の回数は脅威の13回を数え、いかに長くトップレベルで活躍してきたかが分かる。同メディアは印象的なシーンとして1998-99シーズンのFAカップ準決勝のアーセナル戦で見せたドリブルゴールを挙げている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ