ロナウジーニョ、罰金未払いでパスポート没収 預金残高も悲惨なことに

引退後も各国のイベントに参加していたロナウジーニョ氏だが...... photo/Getty Images

事の発端は違法建築

かつてバルセロナやミランなどに在籍し、ブラジル代表選手としても活躍したロナウジーニョ氏が、パスポート没収の憂き目に遭った。

自然保護地区であるポルト・アレグレ(ブラジル)にて違法建築をしたとし、同国の裁判所より200万ユーロ(約2億6000万円)の罰金を科せられていたロナウジーニョ氏と兄のロベルト・デ・アシス氏。この罰金の支払いが滞ったことを受け、裁判所が両名のパスポートの没収、並びに預金口座の差し押さえに踏み切った。ポルトガルメディア『Record』などが伝えている。

同メディアによると、差し押さえられたロナウジーニョ氏の預金口座には、5.8ユーロ(約750円)しか残っていなかったとのこと。2002年の日韓W杯で優勝を経験するなど、プロサッカー選手として栄華を極めた同氏だが、近年は我々が思っている以上に困窮していたのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ