インテル、今冬に“世界No.1MF”の獲得に再挑戦?

今もなおインテル行きが噂されているモドリッチ photo/Getty Images

レアルの不振でモチベーション低下

今冬の移籍市場でインテルは、“世界No.1MF”の獲得に再挑戦するようだ。

今夏に開催されたロシアW杯で母国クロアチアの準優勝に貢献し、大会MVPやFIFA最優秀選手に輝いたレアル・マドリードMFルカ・モドリッチ。今夏の移籍市場でユヴェントスへ移籍したエースのクリスティアーノ・ロナウドに続いて退団が噂され、インテルとの接触が報じられたが、チームへの残留を決断し移籍は実現しなかった。

しかし、いざシーズンが始まってみると、レアルはスタートこそ順調だったが、9月後半から思うような結果を残すことができず、4試合無得点という不名誉な記録も残している。こういった状況もあり、モドリッチのモチベーションがかなり低下している模様。さらに新指揮官のフレン・ロペテギ監督やフロレンティーノ・ペレス会長との関係もあまり良くないようで、伊『Corriere dello Sport』は今冬のインテル移籍の可能性を取り上げている。

また、同メディアは「インテルは今夏から引き続きモドリッチの獲得の準備を進めており、レアルがモドリッチの代役となるスター選手を獲得すれば、それだけでこの移籍は実現するだろう」との見解も示している。はたして、今冬の移籍市場でモドリッチのインテル行きは実現するのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ