バルサ史上最大のミス!? あっさり手放したFWは”スアレス2世”だったか

スペイン代表のパコ・アルカセル photo/Getty Images

ドルトムントと代表で爆発

バルセロナにとって致命的なミスではないのか。今夏にFWパコ・アルカセルをドルトムントにレンタル移籍させたバルセロナの判断をスペイン『MARCA』が批判している。

アルカセルはバルセロナで定位置を確保できず、期待通りのパフォーマンスでなかったのは間違いない。しかしドルトムントに移籍してからは81分間で6得点を記録するなど、圧倒的な得点力を披露。さらに11日に行われたウェールズ代表との親善試合にスペイン代表の一員として臨んだアルカセルは、この試合でも2得点を記録するなど大爆発だ。

同メディアは、「8月にローンで出したバルセロナを理解するのは難しい。しかもルイス・スアレスに休憩が必要なのにも関わらずだ。今では不可解だし、バルセロナにとって歴史的なミスかもしれない」と伝えており、アルカセルをあっさりとレンタルに出してしまったのは明らかなミスだろう。

スアレスも本調子とは言い難く、やや得点ペースが落ちてきている。アルカセルがバックアッパーとして控えていれば大きな戦力になったのは間違いない。また、同メディアによればバルセロナは来夏新たなセンターフォワード獲得に動くとの情報もある。それならばアルカセルにチャンスを与えておくべきだったのではと思えるが、バルセロナは実力を見誤ったか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ