C・ロナウドとディバラは共存できるのか トーニが望む10番の成長

ディバラとクリスティアーノ・ロナウド photo/Getty Images

ディバラの進化次第か

当初は個性が強くて衝突の可能性もあるかと思われたが、ユヴェントスでマリオ・マンジュキッチと新加入のクリスティアーノ・ロナウドは上手く連携しているように思える。スタートはロナウドが中央、マンジュキッチが左となっているが、ポジションは流動的に変わっている。特にロナウドは左サイドにも頻繁に顔を出しており、マンジュキッチが代わりにボックス内へ入っていくシーンも目立つ。

その中で出番を失っているのがパウロ・ディバラだ。ディバラはトップ下でのプレイを得意とするため、今の[4-3-3]ではポジションがないと指摘されているのだ。伊『Gazzetta dello Sport』によると、元イタリア代表FWルカ・トーニはロナウドとディバラの同時起用も可能だが、バランスを見出す必要があると語っている。

「ロナウドは40ゴールには届かないかもしれないが、多くのゴールを決めるだろう。ここまではアンラッキーだ。彼は全力を尽くしているし、彼のゴールがなくてもチームは勝っている。彼はいつでも欲しい時に得点が奪えるし、ピッチのあらゆるエリアでプレイできる。マンジュキッチがプレイする時は、ロナウドが周囲を動いている。一方でディバラがピッチにいる時ロナウドは中央に留まっている。彼らは一緒にプレイできるが、アッレグリは中央で正しいバランスを見つけないとね。ディバラはテベスのように深い位置へ下がってボールを受けることもできる」

ロナウド、マンジュキッチがどうというよりは、ディバラ次第だろう。トーニはディバラに最後のステップが必要と訴えているが、10番を背負う男は変われるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ