プレミアの”肉弾戦”甘く見るなよ ウェストハムの新顔に闘将が警告「試合後2日間は歩けない!」

昨季も激しいバトル見せていたノーブル photo/Getty Images

超激しいフィジカルバトル

今夏積極的な補強を見せたウェストハムには、ラツィオからフェリペ・アンデルソン、ドルトムントからアンドリー・ヤルモレンコなど、国外から実力者が加わった。これは大きなプラスだが、ウェストハムMFマーク・ノーブルはプレミアリーグの環境を甘く見るなよとジョークを交えた警告を送っている。

プレミアリーグの激しい肉弾戦はセリエAにもブンデスリーガにもないものとノーブルが考えているからだ。それに適応するのは簡単ではなく、まずは環境に慣れることからスタートする必要がありそうだ。

英『Evening Standard』によるとノーブルは、「プレミアリーグは異なるものだ。これまでも国外から来たオグボンナなペドロ・オビアングと話をしたが、彼らはセリエAでは続けて3試合はできる感覚と言っていた。フィジカルバトルが少ないからだ。だが、プレミアではノーチャンスだ。試合後2日間は歩けないからさ!」とコメントしている。

ノーブルも良い選手が入ってきたと手応えを感じているようだが、プレミアのペースに慣れるのは簡単ではない。激しい肉弾戦に耐えられなければ、プレミアで生き残っていくことはできないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ