F・トーレスは無得点も、サガン鳥栖が魂の勝利! 全員守備で1点を守ってセレッソ撃破

サガン鳥栖のフェルナンド・トーレス photo/Getty Images

トーレスも攻撃で好プレイ披露

5日に行われたセレッソ大阪戦でも、サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスにゴールは生まれなかった。しかし、少しずつゴールに近づいているのではないだろうか。この試合では鹿島アントラーズから加入した金崎夢生と2トップを組んで先発したが、トーレスらしいプレイも何度か出ていた。

前半はボールタッチの数が少なかったが、この試合は前半15分に吉田豊のミドルシュートで先制に成功。リードを奪ったことで、前がかりになったセレッソ相手に何度かカウンターアタックを仕掛けることができていた。そこからはトーレスが攻撃に絡む機会も増え、サポーターも得点の匂いを感じたはずだ。前半には惜しくもオフサイドとなったが、高い位置でボールを奪ったところからトーレスが最終ライン裏に飛び出し、GKキム・ジンヒョンのタイミングを外すループシュートでゴールネットを揺らした。オフサイドの判定も際どく、トーレスらしいフィニッシュも見ることができた。

後半にはゴールキックをトーレスがヘディングで後方に流し、それを受けた金崎がGKと1対1の状況になるシーンもあった。金崎のシュートはストップされてしまったが、トーレス&金崎のコンビで得点を奪える可能性を感じさせるプレイだった。

試合もセレッソ大阪FW杉本健勇、MF山内寛史に終盤際どいシュートを放たれる場面もあったが、チーム全員で体を張って1点のリードを死守。1-0で勝利することに成功した。トーレス加入後はベガルタ仙台(0-1)、ジュビロ磐田(0-0)、清水エスパルス(0-1)と無得点のゲームが続いていただけに、ひとまず勝利できただけでも大きい。後半ロスタイムまで出場したトーレスも守備に走っており、勝利をもぎ取ろうとの意志が表れていた。チームメイトとも理解を深めているはずで、得点を奪える日も近いだろう。

[スコア]

サガン鳥栖 1-0 セレッソ大阪

[得点者]

サガン鳥栖:吉田豊(15)
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ