ペレス会長再任の2009年から唯一の生き残り C・ロナウドも去った今レアルに残っているのは……

レアルのベンゼマ photo/Getty Images

カカーもロナウドも去った

2009年に再びレアル・マドリードの会長職に就いたフロレンティーノ・ペレス氏は、その夏に2億5400万ユーロもの資金を投じて大型補強をおこなった。

最大の目玉はマンチェスター・ユナイテッドから獲得したFWクリスティアーノ・ロナウドで、それ以外にもミランからMFカカー、リヨンからFWカリム・ベンゼマ、リヴァプールからMFシャビ・アロンソ、DFアルバロ・アルベロア、ヘタフェからMFエステバン・グラネロ、ラシンからDFエセキエル・ガライ、バレンシアからDFラウール・アルビオルを獲得している。

スペイン『MARCA』は、このうち今もクラブに残っているのがベンゼマだけになったことを取り上げている。今夏にはロナウドがユヴェントスへ行き、ペレス会長政権が誕生した2009年以降の生き残りはベンゼマのみ。サポーターから得点数が少ないなど批判されることもあったが、これほど長くスター軍団レアルに留まることができているのは見事と言えよう。

もうすぐベンゼマにとってレアルでの10シーズン目がスタートする。ロナウドが去ったことで得点力低下は避けられないが、レアルの最前線を長く守ってきた意地を見せてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ