新シーズンのサラーは得点数落ちる? リヴァプールOB「センターバック、点取り屋が必要だ」

リヴァプールで得点を量産したサラー photo/Getty Images

まだ補強は不十分と主張

すでにライプツィヒからMFナビ・ケイタ、モナコからMFファビーニョを獲得し、新シーズンへ着々と準備を進めているリヴァプール。

しかし、まだ補強が必要と訴えているのはクラブOBのジョン・バーンズ氏だ。同氏が求めているのはセンターバックとセンターフォワードだ。前線は人員が揃っているようにも思えるが、同氏は2017-18シーズンに大爆発したFWモハメド・サラーが同様の活躍をすることはないと考えているのだ。

「ファン・ダイクの加入以降ロヴレンのパフォーマンスが上がったとはいえ、私は別のセンターバックが必要だと思う。サラーがシーズンに44ゴールを決めたのは理解しているが、それを次のシーズンも繰り返すのは苦労するだろう。彼は純粋なストライカーではないからね。リヴァプールには純粋な点取り屋が必要だ。フィルミーノがいるが、彼は9番タイプではない。異なるオプションを提供できる純粋な9番が必要だよ」

同氏はこのようにコメントしており、サラーが2017-18シーズンと同じだけの得点数を保証してくれるとは考えていない。ロヴレンもワールドクラスのセンターバックとは言い難く、プレミアリーグを制するには守備と攻撃に実力者を1枚ずつ加える必要があるのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ