メッシはDFでも、テニスでもトッププレイヤーになれた!? 「グランドスラムを50回は……」

絶賛されるメッシ photo/Getty Images

メッシを知る仲間が変わった方法で称賛

ロシアワールドカップ開幕を前に、リオネル・メッシをよく知る2人が少々変わった方法で称賛している。まずはバルセロナでチームメイトだったシャビ・エルナンデスだ。

アルゼンチン『La Nation』によると、シャビはメッシについて「彼をセンターバックに配置したとしても、彼は世界最高のDFになっただろうね。彼は当時の時代でいうマラドーナ、ペレのような選手だ。すでに歴史上最高の選手なんだ」とコメントしており、相変わらずの絶賛ぶりだ。小柄なメッシがセンターバックにも適性があるのかは微妙なところだが、才能を考えれば特別な選手になれたかもしれない。

もう1人メッシを称賛しているのが現チームメイトのイヴァン・ラキティッチだ。クロアチアメディア『Vecernji list』によると、ラキティッチはテニスプレイヤーでもメッシが結果を残せたはずとの見解を示している。

「もちろん世界最高の選手を抱えているチームはW杯の優勝候補となる。たとえメッシがそうじゃないと言ったとしてもね。メッシはテニスをしていたとしても、グランドスラムを50回は制すことができただろうね。ただサッカーは個人競技ではないからね」

ラキティッチのいるクロアチア代表はワールドカップでアルゼンチン代表と同じグループに入っている。個人では敵わなくとも組織でアルゼンチンを潰す考えなのだろう。テニスもある程度サイズが必要なスポーツのためメッシがグランドスラムを支配できるほどの選手になれたかは微妙なところだが、シャビもラキティッチもアスリートとしてメッシを評価しているのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ