股下を通過したボールがハンドに 謎の“PK判定”がセルビアで[映像アリ]

写真はイメージです photo/Getty Images

大一番で下された謎判定

13日にセルビア1部リーグのプレイオフ第6節が行われ、スパルタク・スボティカ(3位)がラドニチュキ・ニシュ(4位)に2-0で勝利した。

来季のUEFAヨーロッパリーグ予選への出場権(国内リーグ2位・3位の座)を確保するべく、スボティカとの上位直接対決に臨んだニシュであったが、不運な判定に見舞われている。ニシュが1点をリードされて迎えた77分に、スボティカの選手がサイドからクロスを送る。このボールはニシュのDFの股下を通過したものの、スルジャン・オブラドビッチ主審はニシュのDFにハンドの反則があったとし、スボティカにPKを与えた。すかさずニシュの選手が抗議するも、判定は覆らず。このPKをものにしたスボティカがリードを広げ、勝利を収めている。

『mondo』をはじめ、セルビア国内の複数のメディアより「ありもしないPKをでっち上げた」と非難されているオブラドビッチ主審。想像を絶するプレッシャーの下で試合を裁くレフェリーには最大限の敬意を表したいところだが、今回はあまりにお粗末な判定であったと言わざるを得ないだろう。



参照元:youtube(当該場面は0分10秒~)





●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ