キャリック、現役ラストゲームで“絶品ロングパス” 決勝点を演出[映像アリ]

技術の高さを見せつけたキャリック photo/Getty Images

一気に局面を打開

13日にプレミアリーグの最終節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドがワトフォードに1-0で勝利した。

3月に今季限りでの現役引退を表明したMFマイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)が、同試合に先発出場。両チーム無得点で迎えた34分にキャリックが自陣からロングパスを放つと、このボールが相手最終ラインの背後を陥れたフアン・マタにわたる。マタからの横パスを受けたマーカス・ラッシュフォードがシュートを放ち、先制点を挙げた。

85分にピッチを退く際、オールド・トラッフォードに訪れた観客よりスタンディングオベーションを受けたキャリック。長きにわたり同クラブの司令塔として君臨してきた同選手の功績は、今後も多くのサッカーファンによって語り継がれるだろう。



参照元:Twitter


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ