マンU、68億円でリーグ・アン屈指のボランチを獲得へ

昨季のリーグ・アン制覇に貢献したファビーニョ photo/Getty Images

既にモナコ退団を示唆

リオ・アヴェやレアル・マドリードでのプレイを経て、2015年にモナコへの完全移籍を果たしたファビーニョ(ブラジル代表)。昨季のリーグ・アン制覇やUEFAチャンピオンズリーグでのベスト4入りに大きく貢献した同選手だが、「僕のこのクラブでの時間は終わりに近づいている。今は何か新しいことに挑戦したい気持ちだ」と発言したことから、今季終了後の移籍が既定路線となっている。

こうした状況のなか、マンチェスター・ユナイテッドが同選手の獲得に本腰を入れたことが英『THE Sun』で明らかに。既に両クラブ首脳による交渉が行われているほか、同クラブが同選手の獲得にむけて4500万ポンド(約68億円)の移籍金を支払う準備を進めていることが併せて報じられた。

マイケル・キャリックの今季限りでの現役引退が有力視されているほか、マルアン・フェライニやアンデル・エレーラに退団の噂が絶えないなど、中盤の選手層に不安を抱えているマンチェスター・ユナイテッド。 他のビッグクラブとの競合は避けられそうにないが、同クラブが如何にして交渉をまとめるかに注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ