スクデット獲得のインテルで出番はたった153分のみ…… 中盤の“6番手”になったMFの1年

インテルで出番を獲得できなかったクラーセン photo/Getty Images

優勝決めたミラン戦もベンチのまま

先日のミラノ・ダービーを制し、今季のセリエA制覇を決めたインテル。若手からベテランまで上手く融合したチームで、指揮官シモーネ・インザーギは主力からバックアッパーまで巧みにまとめ上げてきた。

しかし、ほとんど出番を得られなかったバックアッパー組もいる。今季のリーグ戦で153分間しかプレイできていないMFデイヴィ・クラーセンだ。

クラーセンは昨夏にアヤックスからフリーでインテルに加わったが、インテルの中盤にはハカン・チャルハノール、ニコロ・バレッラ、ヘンリク・ムヒタリアンの主力3人に加え、ダヴィデ・フラッテシ、クリスティアン・アスラニも控えている。クラーセンは実質6番手と言ったところか。
リーグ戦で最後に出番をもらったのは3月9日のボローニャ戦で、その出番も僅か10分だけだ。そこからはベンチに座ったままで、ミランとの一戦も出番はなかった。

『Ziggo Sport』にて、クラーセンは「プレイタイムが限られているというのは、簡単なものではない。ただ、チームと契約したからにはサポートし続けないといけない」と今季の戦いを振り返っている。

アヤックスでは得点に関与できるMFとして一定の評価を得ていたが、インテルではスクデットを獲得しながらも悔しいシーズンとなってしまった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ